狩野熱帯医学・マラリア研究部長が、第29回日本臨床寄生虫学会総会で、学会賞を受賞しました。|国立国際医療研究センター研究所

ホーム > トピック・関連情報 > 最新情報 > 狩野熱帯医学・マラリア研究部長が、第29回日本臨床寄生虫学会総会で、学会賞を受賞しました。

狩野熱帯医学・マラリア研究部長が、第29回日本臨床寄生虫学会総会で、学会賞を受賞しました。

第29回日本臨床寄生虫学会総会学会賞

増田理事長(左)と狩野部長(右)

熱帯医学・マラリア研究部の狩野繁之部長が、平成30年7月14日に那覇で開催された「第29回日本臨床寄生虫学会総会」で、学会賞を増田剛太理事長より受賞しました。

学会賞は、臨床寄生虫学における基礎・臨床・対策研究等において顕著な成果を挙げ、その貢献が著しいと認められる者に贈られる賞です。

永年にわたるマラリアの診断・治療に係る臨床研究での業績が認められての受賞となりました。

トピック・関連情報
国立国際医療研究センター
CASTB
シスチノーチの広場
ページの先頭へ戻る