研究部紹介の画像

ホーム > 研究部紹介 > 分子代謝制御研究部

分子代謝制御研究部

研究紹介

当研究部ではメタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病の病因、病態を細胞生物学的手法による分子レベルならびに遺伝子改変マウスを用いた臓器・個体レベルでの解析により解明し、これらの理解に基づいた創薬ならびに先駆的な治療法の開発を目標に研究を行っています。主要な研究テーマは以下の通りです。

  1. ホルモンによる代謝調節の分子機構に関する研究:特に遺伝子転写を介した代謝調節作用とその障害について
  2. インスリン抵抗性の進展における臓器間クロストークに関する研究
  3. エネルギー代謝制御に関与する新規分子の探索と機能解析
  4. インスリン抵抗性に合併する脂肪肝・非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の病態解析と治療法の開発
  5. 糖尿病合併症としての動脈硬化症の病態解析:特に肝臓におけるインスリン抵抗性と脂質代謝障害との相関より
  6. 代謝制御のエピジェネティクスに関する研究:特にホルモン応答性の代謝調節におけるヒストン修飾・non-coding RNAの役割の解明

主要スタッフ

部長 松本道宏
分子細胞代謝研究室長 松本道宏(併任)
上級研究員 満島勝
飯田智
長沼孝雄
研究員 髙橋経太
松川隼也
研究生 八木孝(日本医科大学大学院・博士課程)
矢野宏行(日本医科大学大学院・博士課程)
研究補助員 井手亜希子
小林裕子
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
CASTB
シスチノーチの広場
ページの先頭へ戻る