の画像

ホーム > 研究部紹介 > ウイルス構造機能研究部

ウイルス構造機能研究部

研究紹介

本研究部では、HIVをはじめとしたウイルス及び疾患の原因タンパク質の構造と機能を構造生物学的・生化学的アプローチによって解明します。特に、クライオ電子顕微鏡技術を用いた構造解析研究を中心に研究を展開しています。
研究を通じて、ウイルス感染や疾患の発症メカニズムを明らかにすることで、新しい治療法の開発を行い、医療に貢献していきます。

主要な研究テーマ

  1. クライオ電子顕微鏡によるHIV複製メカニズムの時空間的解析
  2. エピゲノムによるHIV感染制御機構の解明

主要スタッフ

テニュアトラック長 町田晋一
研究員 田中大貴
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
国際ウイルス感染症研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
CASTB
シスチノーチの広場
ページの先頭へ戻る