研究部紹介の画像

ホーム > 研究部紹介 > 分子糖尿病医学研究部

分子糖尿病医学研究部

研究紹介

2型糖尿病では、インスリン標的臓器(脂肪組織・筋肉・肝臓など)におけるインスリン抵抗性を背景として、膵β細胞での代償的なインスリン分泌増加の不全が生じています。
我々の研究部では、2型糖尿病発症に関わるインスリン標的臓器および膵β細胞を主な研究対象として、遺伝子改変マウスモデルや臨床検体を用い、個体における糖代謝恒常性の維持とその破綻のメカニズムを分子レベルで解析しています。 そのゴールは、2型糖尿病の新たな治療戦略を提案していくことです。
主な研究プロジェクトは以下の通りです。

  1. 肥満に伴って変化する分泌因子に注目し、その糖・エネルギー代謝における機能を解明し、新規治療法を開発する
  2. 膵β細胞の数と機能を維持・増進する分子メカニズムの解明と治療応用
  3. 骨格筋の機能維持および老化・代謝性疾患における機能破綻の分子メカニズムの解明

主要スタッフ

部長 植木浩二郎
上級研究員 生島芳子
小林直樹
研究員 添田光太郎
客員研究員 岡崎由希子
小林正稔
笹子敬洋
諏訪内浩紹
戸田郷太郎
澤田知伸
寺井 愛
周 聖浦
竹宮聖一
荒川直子
研究補助員 高橋文弥
小田嶋しおり
研究生 轟 ゆり花
研究所
糖尿病研究センター
肝炎・免疫研究センター
プロジェクト研究
国立国際医療研究センター
CASTB
シスチノーチの広場
ページの先頭へ戻る